販促管理

Webhook

サブスクストアより、別のシステムへAPI連携する際に、指定したトリガーで任意のURLにHTTPリクエストを送信する、
Webhook機能の実装及び各種設定画面、通信履歴画面を追加しました。
各ショップ様で使用されている外部連携ツールなどのAPI連携を伴うサービスに対して、リアルタイムでの連携が可能になります。
例)在庫管理、データの更新通知、CRMメール配信システム等

webhookの設定方法

①画面左のメニューバーより > 【販促管理】 > 【Webhook】 > 【サービス】をクリックしてください。

 

②「新規登録」より連携先サービスの情報を設定します。

以下の各項目をご設定ください

 

設定項目 項目の説明
サービス名API連携先ごとに、任意のサービス名をご設定ください。
ベースURL連携先のシステムで用意されているAPIは複数ある場合、
共通している前半部分を設定頂くことで、入力回数を減らすことが可能です。
広告代理店該当の広告代理店名をご選択ください。
共通ヘッダー共通ヘッダーhttpリクエストのヘッダーとなります。
連携先のシステムによって、任意でご設定ください。
リトライ回数通信に失敗した場合にリトライする回数をご指定ください。
1分間隔で、設定した回数までリトライを実施します。

 

 

 

③画面左のメニューバーより > 【販促管理】 > 【Webhook】 > 【一覧】をクリックしてください。
「新規登録」よりWebhookコンテンツ(目的ごと)の設定をします。

以下の各項目をご設定ください

 

設定項目 項目の説明
Webhook名任意の名称をご設定ください。
タイミングWebhookを実行したいタイミングをご選択ください。
サービス①で設定した、サービスをご選択ください。
メソッド連携先のシステムの仕様(APIの仕様)に合わせてご選択ください。
パス①のサービスで設定したベースURLの後ろに続く、各項目のURLをご設定ください。
BodyAPIの仕様により、事業者様側で欲しい情報を記載していただけます。

 

④画面左のメニューバーより > 【販促管理】 > 【Webhook】 > 【通信履歴】より、通信結果をご確認頂けます。
「結果:コード」欄をご確認ください。

 

    この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。