最新レポート

2019.01.25

マーケティング

マーケティングの4Pとは?重要性とECサイトへの導入方法

ECサイトを運営していると、どうしても勉強しておかなくてはならないのがマーケティングです。

ターゲット層にしっかり訴求して売上を上げていくには、マーケティングの知見を持ってECサイトを運用していくことが必要になります。

そこで、サイト運営者に向けて、マーケティングの基礎知識として、4Pについて紹介します。

一体どのようなもので、どんな重要性を持っているのか、ECサイトへ導入する方法などについて詳しく解説します。

テモナが開催する無料通販セミナー


4Pとは何を指している言葉なのか?

マーケティングの4Pというのは、マーケティング上で重要になる4つのPのことをいいます。

4つのPとは、商品(Product)、価格(Price)、プロモーション(Promotion)、流通(Place)のことです。

4Pとは何を指している言葉なのか?

これらを分析することがマーケティングでは重要であるという、アメリカのエドモンド・ジェローム・マッカーシーが提唱者として展開したマーケティング理論です。

マーケティングというのは、これをすれば必ず成功するという型が決まっているわけではありません。

さまざまな角度から検討して、その企業に合ったマーケティング手法をとることが施策としては重要です。

そのための分析軸がマーケティングの4Pというわけです。

そして、4Pを使ったマーケティング戦略を、マーケティングミックスといいます。

ちなみに、マーケティングには4cというものもあります。

顧客への価値(Customer Value)、顧客獲得のコスト(Cost to the Custome)、顧客にとっての利便性(Convenience)、そしてコミュニケーション(Communication)です。

4Pは主に企業サイドからの考え方であるのに対し、4cは消費者目線での考え方になります。

商品(Product)とは?

商品(Product)は、マーケティングのなかで特に重要な要素です。

これがなければ、マーケティングは意味がありません。

商品(Product)とは?

マーケティングにおける商品(Product)とは、ただ単に売る物のことを指しているわけではありません。

一般消費者に売る商品やサービスを、どのような形で見せ、提供するのかという戦略のことです。

4Pでは、商品が消費者のニーズに応え、満足してもらえるような商品にするために、機能的価値、情緒的価値、自己表現価値の3つの価値を高めることが重要だと考えます。

そのためには、消費者の顕在的ニーズだけでなく、隠れた潜在的ニーズについても押さえることが必要です。

また、商品は他社との差別化できるものでなくてはなりません。

商品の持つコンセプトが企業のブランディングやイメージと一貫していることも重要となります。

テモナが開催する無料通販セミナー

価格(Price)とは?

商品やサービスのマーケティングにとっては、価格(Price)も非常に重要な要素です。

価格(Price)とは?

価格設定が高すぎれば消費者は購入してくれませんし、逆に安すぎても企業が損をしてしまいます。

いろいろな面から考えて、適切な価格設定ができていることが重要です。

価格は、自社でいくらにしたいかではなく、あくまで市場との関係で決まる市場価格です。

ですから、市場の動向や競合他社との関係によって価格設定を考えなければなりません。

他社商品より優位性を持つ商品か、その商品が提供できる商品価値に見合っているかということが、自社の利益を確保することも大切なポイントです。

市場との関係で価格が決まるなら、今後シェア拡大するということもありえます。

そうなると、市場シェアが拡大してコスト削減も見込めるようであれば、その点も加味して価格を設定するのです。

たくさん売れれば、安く作れる、安く仕入れることができるという商品であれば、市場拡大すれば価格も見直していくことになります。

プロモーション(Promotion)とは?

プロモーション(Promotion)も重要です。プロモーションは、商品を正しくアピールし、消費者に購買意欲を持ってもらうために必要な戦略です。

プロモーション(Promotion)とは?

プロモーションにとってまず大事なのは、ターゲットへの正しい情報提供です。

商品の良さやメリット、購入することで得られるベネフィットなどをきちんと伝えなければなりません。

また、プロモーションには販促コストがかかりますが、商品価格とのバランスを取ることも大事なポイントです。

潜在ニーズを顕在化につなげるためのアプローチができていることも大切です。

顕在とはすでに欲しいものが決まっている状態です。

一方、潜在とはまだ欲しいものが決まっていない状態です。

具体例としては、パンが食べたいと思っている人が顕在層で「何か食べたい」と思っているだけの人が潜在層になります。

プロモーションでは、この「何か食べたい」という人に、パンの購買意欲を刺激するような方法を考えることが重要です。

流通(Place)とは?

Place(流通)は、流通戦略です。

インターネット販売や店鋪販売など、消費者にどんな販売経路で提供するかを決めます。

流通(Place)とは?

ECサイトにとっては、顧客に商品を届けるためにとても重要なものになります。

Placeを決めるときは、ターゲットとなる消費者にとって利便性のある方法か、コストがかかりすぎないかなどをチェックし、最適な流通戦略を考えていきます。

顧客の生活スタイルや行動などを具体的にイメージしてみましょう。

どんなPlaceにすれば、顧客にとって最も利便性が高いでしょうか。

想像力をふくらませて、最適なPlaceを考えていくのが流通戦略です。

流通戦略を考える際には、企業ブランディングとの一貫性も大事ですし、コスト的にも商品価格とつりあっていなければなりません。

安い商品を高い流通経路で売ってしまっては利益が出なくなってしまうからです。

4P分析をECサイトで活かす方法

4P分析はただ行うだけでなく、実際にECサイト運営に活かしていくことが重要です。

まず、4P分析を行ったら間違いがないかチェックし、バランスや組み合せを考えつつ、新しい施策を試していきましょう。

4P分析をECサイトで活かす方法

最初から正解が導きだせるとは限りません。

いろいろな施策を講じてPDCAを回していくことが重要です。

ECサイトなら、商品の強みをデザインで上手にアピールしたり、価格帯に合ったデザインや見せ方を工夫したりすることも必要です。

具体例としては、高級志向の化粧品を販売するのに安っぽい見せ方をしても、ターゲットには響きませんし、商品価値を低く見せてしまうことにもつながります。

逆に、価格の安いアイテムなのに豪華で高級なデザインで見せてしまうと、コスパのよい物を探しているターゲット層にとっては魅力的に見えません。

あくまでその商品価値とバランスが良い見せ方をすることが基本です。

流通とECサイトとの機能のバランスも大事です。

現代は、スマホやSNSで商品情報を集め、口コミなども参考にしながら購入を決める消費者が増えています。

ですから、SNSなどの媒体でのプロモーションも考慮したECサイト作りをすると効果的です。

サイト内にSNSへのリンク設定をするなど連動性を持たせ、消費者の興味を継続できるような工夫をすることがポイントです。

「サブスクストア」なら分析から導入まで可能

マーケティングの4Pは、商品やサービスをいかに効率よく消費者に提供していくかというひとつの方法論です。

「サブスクストア」なら分析から導入まで可能

もっとも、4P分析をECサイトに実際に活用するのは、慣れていないとなかなか難しいものです。

自分たちで行うのは大変だと思うなら、4P分析に対応したECサイトを最初から作るという方法もあります。

たとえば「サブスクストア」なら、4Pで商品やサービスを分析し、その結果をECサイトに導入することも可能です。

豊富な経験と知識で分析から導入までを任せることができます。

ECサイトを立ち上げるところから依頼できるので、一貫性のあるサイト運営ができますし、費用も時間も自社開発より無駄が省けるでしょう。

これからECサイトを作るなら「サブスクストア」を利用してみてはいかがでしょうか。

次回無料セミナー情報

いかがでしたでしょうか。

今回は売上に大きく関係するマーケティングにまつわるコンテンツでした。

テモナ株式会社では通販マーケティングや国内における成功事例を公開している無料のセミナーを開催しています。

参加条件はございません。是非、以下のリンクをクリックください!

テモナが開催する無料通販セミナー

カテゴリー

資料請求
お問い合わせ