最新レポート

2020.12.25

サブスクリプション

ストックビジネスの意味とは?メリットやデメリット、フロービジネスとの違いを紹介!

ストックビジネスの意味とは?メリットやデメリット、フロービジネスとの違いを紹介!

ストックビジネスとして収益を積み上げられるような事業の運営や、それを支えられるシステムの構築ができると、事業者は安心でしょう。

というのも、ストックビジネスとしてうまく事業を運用することができれば、継続して利益を上げ続ける効果が期待できるためです。

大企業から中小企業まで事業規模に限らずストックビジネスで成功するためには、その特徴や、運用にあたって気をつけるべきポイントなどについて知っておく必要があります。

今回は、ストックビジネスのメリットやデメリット、効果的な活用方法などについて紹介します!


ストックビジネスとは?意味や内容を紹介!

ストックビジネスの運用を考える前に、まずはその概要について押さえておきましょう。

ストックビジネスとは、簡単に言うと「継続的に収益を得ることができるビジネスモデル」のことです。

フロービジネスとの違いを知ろう!

その基本的な仕組みとして、ストックビジネスではまず顧客との契約の締結や、会員化を図るということが挙げられます。

そうすることで、顧客との連続的な接触を保ち続け、長い期間にわたって安定した収益を得ることができるからです。

この仕組みを早い時期から構築することができれば、時間が経つにつれて企業の資産もだんだん積み上がっていくことになります。

ストックビジネスにはさまざまなタイプのものがあります。

例えば、自動販売機などを設置することで継続的に利益を得る業務形態もストックビジネスの一種です。

また不動産賃貸業や電気などのインフラ事業も、顧客との契約によって利益を得ているストックビジネスだと言えるでしょう。

この他に、フランチャイズビジネスの塾や介護事業、さらにインターネット上でアプリケーションソフトを提供するASP(Application Service Provider)などもストックビジネスに当てはまります。

このように、さまざまな業界でストックビジネスというビジネスモデルが見られます。

長期的に見て、ストックビジネスを活用している企業は安定感のある経営をしているという特徴があります。

「成功した企業は必ずストックビジネスの仕組みを備えている」という声もあるほどで、ストックビジネスを採用している上場企業はその安定した収益性から高く評価される傾向があるのです。

フロー型ビジネスを採用している上場企業よりもストック型ビジネスを採用している上場企業のほうが、収益の安定性から高く評価される傾向があります。

このことは投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットが、鉄道事業やコカ・コーラ社などのストックビジネス型企業の株式を大量に保有していることも示していると言えるでしょう。

「ストックビジネスという仕組みを取り入れているかいないか」ということと、企業の長期的な成長度の間には強い相関関係があるのです。

ストックビジネスとフロービジネスとの違いを知ろう!

ストックビジネスと対照的なビジネスモデルだとされているのが、フロービジネスです。

ストックビジネスをより深く理解するために、よく対比させられるフロービジネスの特徴についても知っておきましょう!

フロービジネスとは、「常に新しい取引によって収益を得るというタイプのビジネスモデル」のことです。

フロービジネスとの違いを知ろう!

ストックビジネスは基本的に顧客との契約や会員確保から商売が成り立っているため、新規の取引はそれほど多くありません。

フロービジネスの代表的な例として挙げられるのが、レストランやコンビニなどで、「その都度商品を売買する」というビジネスです。

これらの小売業や飲食業は、商品を提供することで金銭を受け取るという一度きりの取引を繰り返すことで成り立っています。

たとえ継続的にその店を利用する顧客がいたとしても、ストックビジネスのように契約を交わしていないので次の利用が確約されているわけではありません。

以上のようにフロービジネスは、顧客がその時に欲しい商品を気軽に購入できるというメリットがある反面、事業の収益が安定しにくいビジネスモデルだと言えるのです。

なお、フランチャイズの店舗であっても塾などのように顧客の継続利用が確定している事業は、ストックビジネスにあたります。

サラリーマンの働き方を例に、フロービジネスについて考えてみましょう。

サラリーマンは会社に自分の労働力を提供することで給与を得ています。

労働力を商品、給与を利益と見立てれば、サラリーマンの働き方は会社という顧客に商品を提供して利益を得るフロービジネスだと考えることができるでしょう。

商品(労働力)を提供しなくなれば、あるいは顧客(会社)が商品(労働力)を必要としなくなれば、サラリーマンは利益を上げる(給与をもらう)ことができなくなります。仕事を辞めたら、当然給与はもらえなくなりますよね。

フロービジネスが収益の安定しにくいビジネスモデルである反面、ストックビジネスには収益が安定しやすいという特徴があります。

ただし、フロービジネスとは違って長期にわたってサービスを継続してくれる顧客の獲得に努めなければ商売が成り立たないという点については注意が必要でしょう。

このように、ストックビジネスとフロービジネスは対照的な特徴を持ったビジネスモデルだと言うことができます。

一方でそれぞれの長所を活かしたビジネスモデルも出始めているため、一概に区分することは難しくなってきています。例えば、基本的なサービスはストック型(月額課金、サブスク)で提供、プラスの「ついで買い」はフロー型で提供というサービスもあります。

ぜひ活かしたい!ストックビジネスのメリット

ストックビジネスのメリットを理解して事業を運営することで、事業者は大きな効果を期待することができます。

まず、代表的なメリットとして挙げられるのは収益が安定するということです。

ストックビジネスでは一定数以上の顧客との契約や会員の確保が達成できれば、安定した収益が約束されます。

ぜひ活かしたい!ストックビジネスのメリット

その後、解約や退会などによる顧客離れが急激に進まない限りは、長期的に安定した収入を見込むことができるのです。

これはすなわち、どれくらいの収入が期待できるのかという予想が立てやすくなるということでもあるため、事業者としては未来に向けての活動がしやすくなることを意味します。

その結果、見込み収入を利用した事業拡大の構想が練りやすくなるというメリットも生じるのです。

同様に、新たなビジネスに投資する場合であっても予算を設定しやすいので計画が進めやすいとも言えるでしょう。

また、継続的に顧客との接点を保つことになるため、顧客の動向が把握しやすいというメリットもあります。

ストックビジネスを事業に取り入れると顧客データが蓄積されるからです。顧客がどのような商品をよく利用しているのかといったことや、顧客の要望・よくある疑問などを知る機会が増えます。

そうした情報を活かすことによって、商品やサービスの改善、顧客との関係性の強化などを効率的に進めることができるのです。

さらに、営業活動が効率化するということも大きなメリットだと言えるでしょう。

ストックビジネスでは、新規顧客を開拓することよりも既存顧客を成長させることに重点を置いて営業活動を行うことになります。

マーケティング業界では、新規顧客を獲得して販売するために必要なコストは既存顧客の場合の5倍かかると言われています。これはいわゆる「1:5の法則」と呼ばれる法則です。

ストックビジネスを上手に展開することは、営業活動にかかるコストを削減することにもつながるのです。

ストックビジネスのデメリットに気をつけよう!

ストックビジネスはさまざまなメリットのあるビジネスモデルですが、導入する際はいくつかのデメリットにも注意しなくてはなりません。

ストックビジネスのデメリットに気をつけよう!

まず、ストックビジネスの性質上最初のうちは顧客を集める必要があるため、収益が安定するまでに時間がかかる場合があります。

そのため、事業の発足時には十分な額の運転資金を用意する必要があるという点に注意しましょう。

また、1つの契約や1人の会員当たりの売上が少ないので、一定数以上の契約や会員を獲得できなければ収益が上がりにくいというデメリットもあります。

ストックビジネスでは顧客を囲い込むための長期的な取り組みが欠かせないため、辛抱強く運営を行っていくべきだということを念頭に置いておきましょう。

成功事例を参考に!ストックビジネスの事例と種類

成功事例を参考に!ストックビジネスの事例と種類

1.定期購入タイプ

一定期間の契約で、ユーザへ定期的にモノやサービスを提供するストックビジネスモデルです。

買い切りとは違い、都度購入する手間が省けます。

特に、消耗品やサブリメント等との相性がよく、「Amazon定期おトク便」は定期的に届き、値段も通常より安く購入することができます。

2.レンタルタイプ

所有から利用へと消費傾向が変わる中で、必要な時に必要な分だけ手に入れる事ができるストックビジネスビジネスです。

例えば「株式会社エアークローゼット」はファッションのレンタルサービスを展開しています。

定額料金を支払う事で、ユーザはスタイリストが選ぶ流行りの衣装を、借り放題でレンタルすることが出来ます。

返送する際にはクリーニングせずにそのまま返送できます。

ストックビジネスを活用するポイント

ストックビジネスを活用するときは、成功するためのポイントをあらかじめ押さえておきましょう。

今後は、定期購入に強みがあるITシステムを活用することがストックビジネスの基本となります。

通販やEC事業でストックビジネスを活用するポイント

また、顧客関係管理などの日常業務が行いやすくなるITシステムも利用すれば業務効率が向上するでしょう。

そこでストックビジネスに適したITシステムとして紹介できるのが、弊社が提供する「サブスクストア」です。

サブスクストアには、顧客関係管理や売上分析などのさまざまな機能が備わっています。

また定期通販やサブスクリプションコマースに特化しているため、ストックビジネスを展開するうえでも役に立ちます。

ストックビジネスを活用したいのであれば、まずはサブスクストアに問い合わせてみることをオススメします。

カテゴリー

資料請求
お問い合わせ