最新レポート

2021.01.14

サブスクリプション

音楽はサブスクリプションが当たり前!?利用者の動向と成功させるポイントとは?

音楽は定額制が当たり前!?利用者の動向と成功させるポイントとは?

音楽を聴きたければ、CDショップで楽曲を購入するのが当たり前という時代もありましたが、IT技術、スマートフォン、ネット環境の進歩とともに音楽を取り巻く環境は大きく変化しています。

1曲やアルバムをネットで購入して端末にダウンロードしている時代を経て、今では、音楽はサブスクリプション型(定額制)のストリーミング配信サービスを利用して楽しむスタイルが一般的になっています。

この仕組みをEC事業の観点で捉えると、大きなビジネスチャンスがあるといえます。

定額制で音楽を提供する業者が知っておくべき情報として、利用者の動向や成功させるポイントを紹介します。


音楽のサブスクリプション(定額制)とは?

コンテンツがデジタル化されるようになり、動画(映画、アニメなど)、マンガ、音楽、とデータ商材として販売するサービスが増えています。

サブスクリプション(定額制)の音楽配信とは、月額料金を支払うことで加入した日からすぐに、好きなタイミングで好きなだけ聴けるサービスです。

定額の契約は止めたいときにいつでも止められ、再開したい場合もいつでも再開できるのが一般的です。

音楽のサブスクリプション(定額制)とは?

CDの購入や1曲ダウンロードしてデータを所有するなど、楽曲ごとに料金を支払う従来の方法とは根本的に異なります。インターネットを利用する場合でも、ダウンロードごとに支払うのは従量制であり、定額制とは区別されています。

音楽のサブスクの配信方法として基本になっているのはストリーミング再生です。 1曲全体をダウンロードして再生するわけではなく、逐次ダウンロードしながら再生する方式であるため、利用中は常にインターネットに接続しておかなければなりません。
ただし、ダウンロードしておいてオフラインの状態で利用できるサービスも存在します。

ストリーミング再生の場合、パソコンやスマートフォンなどの端末で専用のサイトにアクセスしたり、専用のアプリを使ったりすることで音楽を楽しめます。

定額制音楽配信を行っている有名なサービスは、
・Amazonが提供するPrime Music, Amazon Music Unlimited
・Appleが提供するApple Music
・Googleが提供するYou Tube Music
などGAFAと呼ばれる巨大テック企業が提供していますし、
Spotify, LINE MUSIC, AWAなども人気があるサービスです。

それぞれのサービス機能として、歌詞表示機能やPVがみれるなどの機能の違いはあります。
たとえば、Amazon Music Unlimitedでは、6名まで1つのアカウントを使用できるなど、聴けるだけではない嬉しいサービスもあります。

サービス内容としては、楽曲数や配信される音質、月額料金が異なります。 料金プランでも、ファミリープランや、年間一括支払いで月額プランよりもお得な料金になるプランなど違いがあります。

その他には、フリーミアム戦略をとって、無料ユーザーと有料ユーザーで機能やサービス内容が異なる設計をしてユーザー獲得するなど、競合がしのぎを削っている市場になっています。

上記の定額配信サービスとは異なり、1アーティストがサブスク型で楽曲提供をするアプリを公開した例として、GLAYの公式サブスクリプション型音楽アプリもあります。

音楽のサブスク配信の企業メリットは大きい!

音楽のサブスクリプション型の配信は、企業側と利用者側の両方にメリットがあります。

サブスク型の音楽配信サービスは企業側(サブスクサービスも音楽レーベル、アーティストも含む)メリットは、安定した収益を見込みやすいことです。

音楽のサブスク配信の企業メリットは大きい!

一定の会員数を囲い込むことに成功すれば、継続的にその分だけ月額が入ってくることになります。

収益が安定していると、サービスの拡張を計画的に行っていくことも可能です。それによって利用者の満足度が上がれば、さらに囲い込みを強化できます。
また、お得感の演出が容易であるため、新規の会員登録につなげやすいこともメリットの一つです。

「どれだけ聴いても1,000円」というように定額制を売りにすると、利用者にコストパフォーマンスのよさを効果的にアピールできます。
これは利用者側のメリットとして表現することも可能です。

月額を払う必要はありますが、ほとんどの場合は楽曲ごとに買うよりも費用を抑えられます。音楽をよく聴く人ほど節約できる金額は大きいです。

利用者側の他のメリットとしては、自分の知らなかった素敵な楽曲に出会いやすいことが挙げられます。

個別に購入するダウンロード方式であれば、興味のない楽曲を買おうとする人は少ないでしょう。
定額制の場合は、費用を気にすることなく、さまざまな楽曲を次々と再生できます。

そもそもスマートフォンとネット環境の劇的な進歩によって、音楽を聞く環境自体が5年前と比べても大きく変わっています。
すでにCDなど記録メディアやプレーヤーを購入して音楽を聴くユーザーが少なくなり、楽曲1曲1曲を売っていくこと自体が難しい時代です。

サブスクリプション型の配信は重要なプラットフォームになっている市場で、音楽レーベルやアーティストはこのサブスク型の配信サービスをどう利用するのか?どうやってメリットを作り出していくか?を考えて、今後音楽ビジネスは進んでいくでしょう。

音楽のサブスクの企業のデメリットも知っておこう

サブスクビジネスとして音楽配信を検討するなら、デメリットを把握しておくことも大切です。

企業側が注意しなければならないのは、一定以上の会員数を獲得する必要があることです。

音楽のサブスクの企業のデメリットも知っておこう

収益の大きさを決めるのは、あくまでも会員数であるため、継続的なプロモーションが求められます。

いくら楽曲を充実させて再生の総数が増えても、すでに会員になっている利用者が繰り返し聴いているだけでは意味がありません。

新規の会員登録が増えなければ収益は上がらないままです。
また、定額料金からオーバーした分のコストをまかなう必要もあります。

想定を上回る頻度で利用するヘビーユーザーが多ければ、その影響で生じるコストを負担したり負の影響が出るのは企業やアーティスト側です。

再生回数がどれだけ伸びたとしても、会員数が増えるか、会員あたりの月額利用料が増えない限りは1再生あたりのアーティストへの支払額が大きくなることはありません。
そのようなサービスにはアーティストの楽曲公開するメリットがなくなってしまいます。

人気楽曲数の多いベテラン、ヒットメーカーアーティストには優位で、若手アーティストには旨味のないサービスになってしまう、という側面を持っています。

また、ユーザーは一部オフラインでも利用可能なサービスもありますが、基本的にはオンラインで使うことになります。
そのため、状況によっては不便を強いられることもあるのです。

たとえば、電波が悪い場所やパケ詰まりの状態でデータ通信ができないと、そこで楽曲の再生が止まってしまいます。
通信容量の制限がかかってしまっても音楽が聞けないという事態になってしまいます。

そのため、サービス提供側は低音質、標準音質、高音質、最高音質などデータ容量を抑えた配信設定やストリーミング再生ではなく端末ダウンロードして聴けるような機能も必要になります。

音楽のサブスク利用者の動向をチェック!

利用者のこれまでの動向を押さえておくと、事業化の見通しを立てやすくなります。

2018年4月に定額制音楽配信サービスの利用状況に関するWebアンケートが実施されました。

音楽のサブスク利用者の動向をチェック!

4,012人の回答者のうち、利用していたのは22.1%という結果です。

よく利用しているのは若い世代であり、10~30代が中心となっています。 この中には無料サービスの利用者も含まれている点に注意が必要です。

10~20代は無料サービスの利用率が高く、20~30代は有料サービスの利用率が高いです。

若い世代の間でも、経済力などの影響によって選択するサービスに差があることが分かります。

いずれにせよ、企業にとってメインターゲットは10~30代であるのが実情です。 2017年における市場規模は、CDなどの音楽ソフト市場が2,320億円で、音楽配信市場は578億円でした。

この時点ではまだ音楽ソフト市場のほうが大きくリードしていますが、その規模は以前から年々縮小しています。

それに対して、音楽配信市場は拡大傾向にあるので、両者の差は縮まりつつある状況です。

音楽を利用する一般的なスタイルが、CDのようなパッケージから配信サービスへ移行している過渡期といえるでしょう。

音楽のサブスクを成功させるポイント

定額で音楽を配信するだけでは、ビジネスとして成功するとは限りません。
すでに大手テック企業も参入しレッドオーシャンと言える市場です。

音楽のサブスクを成功させるポイント

自社の特色を出してうまく差別化することで、多くの会員を囲い込んでいかなければなりません。

その実現のために重要なのは、会員登録のハードルをできるだけ下げることです。 具体的な方法としては、競合他社よりも長めの無料期間を設けたり、料金設定を安くしたりすることが挙げられます。

こういう工夫をして、利用者が気軽に登録してみようと思える環境を作り出すことが大事です。

さらに、オフラインで聴ける環境を整えることもポイントになります。 オンラインが必須のストリーミング再生は不便な点もあるため、オフラインで再生したいという需要が高いからです。
また、楽曲のラインナップもサービスの満足度に大きな影響を与えます。 利用者の反応をチェックしながら、需要のある楽曲を揃えていくことを忘れてはいけません。

このようなポイントを踏まえておくと、定額制の音楽配信を成功させる可能性を高められるでしょう。
また今後訪れる5Gが当たり前の時代に、音楽のサブスク成功企業を知ることで、今後のデジタルコンテンツのサブスク成功の鍵を探ることもできるでしょう!

カテゴリー

資料請求
お問い合わせ