仕入・出荷管理

出荷予約

出荷予約の設定をすることで指定された注文について、出荷処理(出荷作業対象にセット)を毎日毎時に自動で行う事が可能です。
自動で出力された帳票類やCSVをダウンロードいただき、出荷作業を進めていただけますようお願いいたします。

出荷予約の設定方法

出荷自動処理の設定方法

①画面左のメニューバーより>【仕入・出荷管理】>【出荷予約】をクリックしてください。

 

出荷自動処理の設定方法

②「出荷予約機能を利用する」のスイッチがデフォルトでOffになっているため、Onに変更します。

③出荷予約を適用する配送会社をプルダウンよりご選択ください。
(例)ヤマト運輸
※複数の配送会社を選択可能です。

④③でご選択いただいた配送会社にて利用いただいている配送種別をプルダウンよりご選択ください。③と同様に複数の配送種別が選択可能です。
(例)宅急便

⑤出荷予約をかける出荷予定日の期間を指定します。出荷予約設定を保存した日を起点に繰り返し処理が実行されます。
起点日以降自動で出荷処理をかける期間をx日後からy日後でご設定ください。
(例)処理日の1日後から2日後

⑥出荷予約を実行する時間帯を設定します。「実行時間追加」をクリックします。

 

出荷自動処理の設定方法

⑦実行時間を設定します。0時00分~23時30分(30分刻み)の間で設定が可能です。
「実行時間追加」を再度クリックいただき、1日に複数回処理をかけることも可能です。

⑧追加した枠を「削除」リンクより削除することが可能です。

⑨設定が完了したら「保存」ボタンをクリックします。
こちらの設定が完了すると【仕入れ・出荷管理】>【出荷一覧】のメニューで出荷待ちステータスの注文が対象期間に入ると自動で出荷処理がかかり、ステータスが出荷作業中に遷移します。同時に帳票類も作成されます。

自動で作成された帳票類と出荷用CSVをダウンロードいただき、出荷作業を進めていただけますようお願いいたします。

※イレギュラーで出荷予定日より前倒しで出荷をする場合や、自動で出荷作業中のステータスに遷移した注文を出荷待ちのステータスに戻す場合は、手動で作業いただく必要がございます。

手動での作業手順の詳細は【出荷一覧】のページをご確認ください。

 

    この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。