初期設定

重要項目設定-運用設定

重要項目設定ではサブスクストアをご利用いただく上での重要な設定を行います。
こちらにある項目についてはサブスクストア全体に関わることですので、設定を変更される際は、
内容をご理解いただいた上でご変更ください。
運用設定では休日の設定や出荷のタイミング等の設定を行います。

運用設定

①画面左のメニューバーより > 【設定】 > 【重要項目設定】 > 【運用設定】をクリックしてください。

 

②「休業日設定」の各曜日、各週で御社の休業日にチェックを付けます。

 

③「注文の変更可能期間」「定期注文の生成日」「発送までの期間」等に関して設定が可能です。 詳細は下記表をご確認ください。

④「設定を保存」ボタンをクリックしてください。

 

運用設定の登録項目

 

登録項目項目の説明入力例
【休業日設定】
各曜日の設定
御社規定の休業日にチェックを付けてください。
※設定された期間内に発送予定日となることはございません。
【休業日設定】
祝日・振替え休日
国民の祝日・振替え休日を休業日とするかどうかの指定となります。利用する
【休業日設定】
特別休業期間
国民の祝日や休業日設定の各曜日でチェックされた休日以外で休業日にする際は日付をFROM~TOで設定してください。(年末年始やお盆休みにご利用ください。)
※プラス(+)ボタンをクリックすると入力欄が追加され、バツ(×)ボタンをクリックすると入力欄が削除されます。
2017/5/1~2017/5/2
【休業日設定】
特別営業期間
指定していただいた各休業日を、指定した日付だけ営業期間とすることができます。
例えば、毎週土曜日は休業日の設定をしているが、今月の第1週の土曜日は営業日にしたい、という場合にご利用ください。
※プラス(+)ボタンをクリックすると入力欄が追加され、バツ(×)ボタンをクリックすると入力欄が削除されます。
2017/5/13~2017/5/13
注文の変更可能期間 マイアカウントよりご購入者様が注文情報を変更する際に出荷予定日の何日前まで変更が可能かを設定いただくことが可能です。上限はございません。7日前
定期注文の生成日 定期注文が発送予定日の何日前に自動生成されるかの設定となります。尚、こちらは2回目以降の定期注文が対象となります。
例えば「7日前」と設定している場合、次回の発送が5月10日であれば、5月3日に自動で注文が生成されます。
7日前
発送までの期間注文日から発送予定日までの日数を指定してください。
例えば「2日前」と設定している場合、5月10日に注文が入ると最短で5月12日発送となります。
※単品注文・定期コース初回注文時のみ適応される期間です。
定期コース2回目以降は㉕で設定いただいた「配送元情報」の住所からお届け先住所にかかる配送期間を
自動で認識し出荷予定日が設定されます。
2日
お届け希望日指定可能期間 ご購入者様が注文時お届け希望日を選択する際に、どれだけ先の期間まで着日指定を可能とするかの期間を設定いただけます。90日
出荷締め時間設定した時刻を過ぎてからの注文は翌日注文として管理します。
【例】出荷締め時間が12時、発送までの期間(受注~出荷まで)が1日の場合、
11:59以前に注文された注文は翌営業日の出荷となり、12:00以降の注文は翌々営業日の出荷となります。
16:00
同梱処理 出荷待ちの状態の注文が存在しており、その注文と同時期に発送する注文がある場合に同梱をするかの設定となります。
※別途ご注文いただいていた定期コースがある場合
利用する
定期コース購入上限設定「利用する」に設定いただくと管理画面【商品管理】>【定期コース】より定期コース購入上限設定が可能です。
設定方法は定期コースの登録方法をご確認ください。
利用する
出荷停止処理 設定した金額以上の注文を受けたときに、強制的に出荷停止処理を行います。注文情報の出荷停止にチェックが入ります。
※設定をご利用いただかない場合は「空欄」で保存ください。
100000円以上
退会処理「表示」を選択すると、【マイアカウント】>【登録情報】に「退会する」ボタンが表示されます。
※ご購入者様が「退会する」をクリックした場合、管理画面【通知ログ】に通知されます。出荷待ちの注文は出荷停止、定期注文は停止、ポイントと会員ランクは失効されます。
表示
出荷無しモード 「ON」の場合、出荷を伴わない商品を設定、注文が可能になります。
設定方法は出荷なし機能の設定をご確認ください。
ON
定期生成エラー通知メール 「ON」の場合、定期注文自動生成エラーが発生した際に、自動送信メール受信先に設定されているメールアドレスにエラー通知メールが送られます。ON
リファラー上書き設定 リファラーURLの先勝ち(上書きしない)、後勝ち(上書きする)を選択できます。利用する
リファラー有効期限 保持したリファラーURLが失効する期限を指定できます。

30日

 

定期商品お届け頻度設定

定期商品の設定の際にお届け頻度を自由に作成・設定していただくことができます。
こちらで作成した定期頻度は定期商品のお届け頻度設定にて反映されます。

定期頻度

① 月ごと、週ごと、日ごとの区分で任意の定期頻度をプルダウンから選択します。

② 保存をクリックします。

一度作成したお届け頻度は削除することができませんのでご注意ください。

 

定期頻度

③設定したお届け頻度は、「設定済みお届け頻度」の項目で確認することができます。

 

    この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。