販促管理

GAアナリティクスタグ

GAアナリティクスタグではGoogle Analyticsに関わるトラッキングコードを設定します。
Google Analyticsをご利用される場合は、別途Googleのアカウントをご用意いただく必要がございます。Google Analyticsの設定はGoogleのヘルプ等をご参照いただけますようお願いいたします。

トラッキングコードの登録方法

トラッキングコードの登録方法

①画面左のメニューバーより > 【販促管理】 > 【タグ管理】 > 【GAアナリティクスタグ】をクリックしてください。

 

トラッキングコードの登録方法

②Google Analyticsをサブスクストア上で設定する場合、デフォルトでスイッチが「OFF」になっておりますため、「ON」に変更してください。

③トラッキングコードの欄にGoogle Analyticsから生成されるトラッキングコードを貼り付けてください。
※トラッキングコードはGoogle Analyticsの管理画面から発行されます。

※トラッキングコードにはGoogle Analyticsのバージョンによって新バージョンと旧バージョンがございます。どちらの場合も追記が必要なコードがございますため、下記を参照ください。
【トラッキングコード旧バージョン例】

<!--  Google Analytics-->
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['Google AnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-xxxxxx', 'auto');
ga('set', 'page', document.location.pathname);
ga('send', 'pageview');
</script>
<!-- End Google Analytics -->

旧バージョンのトラッキングコードをサブスクストアでご設定いただく際は、赤文字の部分を必ずコードに追記していただけますようお願い致します。

【トラッキングコード新バージョン例】

<!-- Global Site Tag (gtag.js) - Google Analytics --> <script> async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script> <script> window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments)}; gtag('js', new Date()); gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', {'page_path': document.location.pathname}); </script>

新バージョンのトラッキングコードをサブスクストアでご設定いただく際は、

gtag('config', 'UA-121814815-4');

上記のコードを削除し、例の赤文字の部分を必ずコードに追記していただけますようお願い致します。
※上記コードは例になりますので、「GA_TRACKING_ID」の部分には自社のGoogle Analyticsから生成される「UA-」から始まるIDをご入力ください。

 

トラッキングコードの登録方法

④異なるデバイスからのアクセスが同一ユーザーからのものであることを識別するために、UserIDを設定することも可能です。
トラッキングコード入力欄のオレンジで囲んである箇所にタグを追記します。

追記するタグ

ga('set', '&uid', User-ID);

赤文字になっている「User-ID」の部分は利用可能タグ一覧の「顧客ID@@user_id@@」をクリックして挿入してください。
※User-IDの設定は任意になります。また、設定される場合はGoogle Analytics上でも設定をしていただく必要がございます。

 

トラッキングコードの登録方法

⑤eコマース機能をご利用される場合はデフォルトで「利用しない」にチェックが入っておりますため、「利用する」にチェックを入れてください。
※eコマース機能とはGoogle AnalyticsでWebサイトでの購入行動を分析する機能です。こちらの設定も任意になりますが、ご利用される場合はGoogle Analytics上でも設定が必要となります。

※拡張eコマースはご設定いただけません。

 

トラッキングコードの登録方法

⑥eコマーストラッキングを入力します。こちらのコードはGoogle Analyticsからは生成されないため、ショップ様自身で作成いただく必要がございます。
以下はその一例となります。
【eコマーストラッキング】

<script>
ga('require', 'ecommerce'); ga('ecommerce:addTransaction', { 'id': @@order_id@@, 'affiliation': @@shop_name@@, 'revenue': @@order_total@@, 'shipping': @@shipment_total@@, 'tax': @@tax_total@@ }); @@item_code@@ ga('ecommerce:send'); </script>

 

※自社でコードを独自に作成される際は、画面右わきの利用可能タグ一覧「eコマーストラッキング」のタグを使用して作成いただけますようお願いいたします。

 

トラッキングコードの登録方法

⑦続いてアイテムコードを設定します。
こちらもGoogle Analyticsから自動で生成されないため、ショップ様自身で作成いただく必要がございます。
以下はその一例となります。

ga('ecommerce:addItem', {
'id': @@order_id@@,
'name': @@item_name@@,
'sku': @@item_sku@@,
'category': @@item_category@@,
'price': @@item_price@@,
'quantity': @@item_quantity@@,
'currency': @@currency@@
});

※自社でコードを独自に作成される際は、画面右わきの利用可能タグ一覧「アイテムコード」のタグを使用して作成いただけますようお願いいたします。

 

トラッキングコードの登録方法

※eコマース機能を利用する際の注意点
eコマース機能を利用する際、最初にご設定いただいたGoogle Analyticsから自動で生成されるトラッキングコードのバージョンをご確認ください。「gtag」(オレンジの枠の部分)を含むトラッキングコードの場合、eコマース機能はご利用いただけません。
その場合、以下のトラッキングコードに書き換えていただくとeコマース機能がご利用いただけます。

<!-- Google Analytics -->
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['Google AnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-XXXXXXXXX-X', 'auto'); ga('set', 'page', document.location.pathname); ga('send', 'pageview'); </script> <!-- End Google Analytics -->

※上記トラッキングコードに書き換えていただく際、赤文字のIDの部分をショップ様のIDに書き換えてご設定ください。

トラッキングコードの登録方法

⑨すべての設定が完了したら「保存」ボタンをクリックして内容を保存します。

 

全ページへのタグ反映方法

①サブスクストアで生成されるページのheadとbodyの全ページへタグの反映が必要な場合、以下の流れでご設定いただくとタグの反映が可能となります。
該当するタグとしてGoogleタグマネージャーなどが挙げられます。

②FTPクライアントソフトにてサブスクストアのサーバーへアクセスします。

※FTPクライアントソフトについては以下のヘルプページをご確認ください。
ファイルのアップロード方法

③public配下にtemona_htmlsというディレクトリ(フォルダ)を作成します。

④作成いただいたディレクトリ内に以下の形式でファイルをアップロードください。

■body最初に設置が必要な場合
body_top.html

■body最後に設置が必要な場合
body_bottom.html

■head最初に設置が必要な場合
head_top.html

■head最後に設置が必要な場合
head_bottom.html

ファイルをアップロードいただいたタイミングでサブスクストアで生成される全ページへタグが反映されるようになります。

※ディレクトリ名とファイル名は必ず上記名称と一致させてアップロードいただけますようお願いいたします。

 

    この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。